料金について

当社が低価格で提供出来る理由

リフォーム会社の場合は、「下請け業者」に依頼をして工事を行ってもらいます。 お客様と業者さんの間に入って話を聞いて下請けの業者さん達に工事を流しリフォーム会社にも利益が発生するような仕組みになっています。 この仲介費用がお客様の工事価格から発生しているため高額な値段になっているのです。 当社は、下請けなし・仲介無しの完全自社施工なので、保証はもちろん、高品質・低価格で提供出来るのです。

塗装業者の見極め方を決めるポイント!!

    • 価格だけで決めていないか?内容をしっかり確認すること

塗装を考える時、大抵の方が「価格」を重視しているのではないでしょうか。 まとまった費用が必要になりますので当然のことだと思います。 しかし、本当に価格だけで業者を決めてしまって良いのでしょうか? 塗装業者も様々です。工事前にしっかりと現場調査を行う業者であるか、見積もりの内容に不備がないか、アフターサービスはどうなのか等、総合的に判断しましょう。

    • 見積もりに足場代を明記しているか?

丁寧な工事をするためにも足場は必要不可欠です。 安く仕上げるために足場を掛けずに工事する業者は、それだけ雑な工事をする恐れがあります。 足場の相場は15~20万円と言われる中、30万円以上の見積もりを提示する業者は注意が必要です。 また、「足場代サービス」や「足場代半額」などをしっかりとした理由も無くうたっている場合は、他の項目に上乗せしている可能性がありますので、金額をしっかりチェックしましょう。

    • 大事なのは保証よりも品質

塗装会社によっては保証年数が5年とか10年とかある場合もありますので、長期保証を持っている塗装会社の方が安心できるような気がしますが、 保証できる内容は塗料のグレードにもよるということを忘れてはいけません。 塗料によっては15年ほどの耐久性があるものもあれば、最高の職人が最高の腕で塗装工事を施工しても5年しか持たない塗料もあります。 外壁メンテナンスの費用対効果という意味では、費用が高くなっても長期的に安心できるグレードの高い塗料での施工が結果的に費用が安く済むでしょう。 次回の塗装工事までの期間も長くなり、品質も向上するので部分補修などの工事の必要も少なくなります。

    • 相見積もりをしっかりとりましょう

安いからといって、すぐに契約してはいけません。 業者の質や工事の内容、工事後のサポートなど総合的に判断するためにも相見積もりを取って、じっくりと比較してください。 強引な契約に乗らないように比較することは大変重要です。 見積書で業者の質が浮き彫りになると言っても過言ではありません。 複数から見積もりを取ることで費用の相場を知ることが出来ますし、塗料の種類や保証など中身を比較することが出来ます。 また割引をしている見積書は、なぜ安価に提供できるのか根拠を説明してもらう様にしましょう。