塗装工事

外壁塗装が必要な訳

暮らしを守ってくれている

夏の強い日差しや激しい雨、冬の寒さなど、日本の気候は常に変化しています。
この厳しい環境の中、一年を通して穏やかに過ごしていけるのは、常にお家が私たち守ってくれているからです。
その大切なお家を、紫外線や雨、埃などから守っているのが屋根や外壁でありさらにその屋根や壁の材料を守っているのが塗膜です。

塗膜は日々の生活の中で、少しずつ劣化していきます。

屋根の塗り替えは6~10年、屋根は太陽からの紫外線や、熱・酸性雨・雪などにさらされ常に過酷な環境に置かれています。
塗装を必要とする屋根などには経年劣化により塗装の防水性を失い、雨水がしみこみやすくなります。これを放置しておくと、 サビ・コケ・藻の発生やヒビ割れ・下地の反りなどを引き起こし、屋根の耐久性を低下させる原因になります。
外壁の塗り替えは、新築後で8~15年、その後は10~15年サイクルで必要になると言われています。
建物の美観だけてなく家そのものを保護する役目がある外壁。外壁のメンテナンスは建物の寿命を延ばすことにつながります。
「もしかしたら…」と思ったら早目の対処をお勧め致します。
外壁塗装をチェックしてみましょう塗装は外壁の耐水性を高める役目がありますが、以下のような状態になっていましたらご相談下さい。
無料で下見診断にお伺いいたします。

みなさんは、塗料の違いを知っていますか?

大きく分けて以下のようになっています。
屋根塗料
外壁塗料